過去に大きな災害が発生した事がない土地を購入

土地を選ぶポイントは?

理想の暮らしを実現するためには、どこに家を建てるかは重要なポイントです。土地を探すには生活の利便性や日当たりなどの住環境、予算などがポイントになりますよね。販売されている土地が、もともと住宅地であるのか、新たに造成された土地なのかでも住み始めてからの雰囲気が違ってきます。また、現在は商業施設などが遠く住みにくいと感じられる環境でも、これから開発される地域であれば将来は暮らしやすい街となることが予想されます。ただし、エリア内が希望通りだったとしても、売りに出されている土地の形がいびつだと、住宅を建築する際に広さや間取りが制限される場合があるので注意しましょう。
住み始めてから近隣とのトラブルを防ぐためにも、境界線が明確であることも土地を購入する際には覚えておきたいポイントです。

災害対策も考慮しましょう

日本は地震が多い国ですし、最近では豪雨被害のニュースを目にすることが増えてきました。地震対策は住宅などの建物だけでなく、地盤も重要なポイント。軟弱な地盤であれば補強するための工事が必要になります。
また、近くに河川がある場合は過去に洪水や浸水の被害があったかどうかもチェックしておきたいポイントです。低地の場合は、大雨が降ると親水してしまう可能性もあります。
造成された土地は、見た目だけでは災害に強いかどうかも判断することは難しいものです。過去に大きな災害があったのかや地質や地盤の強さ、液状化や浸水の可能性など、仲介する不動産業者に問い合わせてみることをおすすめします。
全国のハザードマップ情報がまとめられたwebサイトもあるので、購入したい地域の情報を事前に確認しておくのも良いですね。